専業主婦でもキャッシングを利用できる

私が借入をしなければいけなくなったのは、生活に欠かせない家具が壊れてしまったからでした。貯金もありましたが、すぐにでも交換する必要があり、無理に出費を増やすこともできないタイミングでした。家族での旅行もある時期で、下手にお金を消費できなかったので、一時的にでも借金でもして生活を維持する必要がありました。

 

その時に利用することになったのが主婦向けのサービスでした。急に稼いでお金を得られることもないので、配偶者の収入が十分あれば借り入れできるという銀行のサービスを利用しました。世間ではすでにかなり一般的だったようでしたが、私には初めてのサービスで少し不安もありました。利用は非常に簡単で、収入の証明になるものとして源泉徴収票、住民票と運転免許証を用意しておけば手続きはできてしまいました。

 

ネットからの申し込みでほとんど審査は終わったような感覚で自宅にいながら手続きもできてしまいました。負担はかなり軽減できましたが、実際に借り入れて必要なものを購入した後に、返済が終了するまではあまり落ち着けない生活が続きました。怖い取り立てや電話があるのではないかとも思いましたが、そんなことは何一つなく、予定通りに返済していたらすぐに完済でき、信用情報に問題が残るようなこともありませんでした。

 

元々、夫に勧められて利用したものだったので不信感はありませんでしたが、しっかりと利用できて夫にも信用してもらえました。何より、収入のない主婦でも利用できるサービスがあるというのには驚きでした。法が変わったために利用できるようになったそうですが、そうした情報に疎かった私にとってはとても良い勉強になりました。それでも、借金をするのはあまり好きではなかったので、今後は貯金も十分にしておこうと思っています。

 

少額ならば専業主婦も借り入れもできる

審査も時間がかからない

主婦向けのサービスは、銀行系のサービスからも増えていますが、利用限度額はあまり大きくはなく、審査にかかる時間もかなり短いです。早ければ即日、遅くなっても1週間あれば利用までできるようになるでしょう。

 

金利には高めで18%近くあるサービスがほとんどですが、収入がない主婦でも借り入れができるというのはかなり魅力的です。少額融資ですが、買い物や急な主婦の出費に対応するくらいの金額はあるので、工夫して頼ればかなり安全なサービスでしょう。審査内容はあまり難しくはなく、せいぜい配偶者の収入を証明する書類くらいです。免許証や印鑑は用意できるはずなので、パートナーとの相談もしたうえで、スムーズに審査に進められるようにしましょう。

 

手続きも比較的簡単

手続きはまずはネット上で申し込みをし、サービスによってはそのままネット上で申込も審査も完結します。身近な地域の銀行のサービスならば、銀行に顔を出さなければいけない場合もありますが、そこまで大きな手間はありません。面談や面接などもなく、キャッシングと同じように気軽に利用できるサービスです。

 

専業主婦向けということでローンカードなども発行されます。銀行などではキャッシュカードにその機能を付属する程度のこともありますが、使い勝手が悪くなることはありません。比較的簡単い手続きができるので、利用できる条件を満たしているならば、夫婦でしっかりと相談して審査に出してみるとよいです。急な出費にもすぐに対処できるサービスなので、余裕があるならば一つならば登録しておいても損はないです。

 

返済は早めにするとより安全

主婦向けのローンでも、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンと同じように、早めに返済すると金利の負担が軽くできます。繰り上げ返済は主婦向けのサービスでも当然できるので、欠かさず返済を早めるようにしましょう。もちろん、約定返済日に従って地道に返済をしていっても完済できれば全く問題はありません。

 

しかし、トータルコストで考えれば相応の負担がかかっていることをよく理解しましょう。生活の日々の負担を減らして支払っていくか、最初だけ我慢して損失を最小限にして借金をなくすかは利用者が自由に決められます。場合によっては繰り上げ返済が自由にできないサービスもあるので、登録する前にサービス内容を細かくチェックしましょう。

 

銀行系のサービスならば基本的に繰り上げ返済はできるはずです。